引越しをするときに行っておきたいこと

引越しをするときにはいろいろなことをしなければいけないため、メモ帳などに行わなければいけないことを書いておきましょう。これより、行う必要があることをきちんと実行することができるでしょう。

 

ここでは、引越しをするときにしておかなくてはいけないことを紹介しますので参考にしてみてください。まずは、1週間前に行なっておきたいことです。

 

・新しい家の下見
引越しをする1ヶ月ほど前に下見をしましょう。例えば、部屋の間取りや交通、立地条件などを見ておくようにしましょう。

 

・不用品の処分
今住んでいる家にある不用品を処分しましょう。不用品を処分することで次に行う荷物の整理の効率が上がります。

 

・引越し業者に見積もり
不用品の処分が完了したらいくつかの引越し業者に見積もりをしてもらいましょう。見積もりをして、そのなかから自分に合った引越し業者を選び、次に荷造りをしましょう

 

・電気会社、ガス会社、水道会社、役所、郵便局に住所変更の申請
荷造りが完了したらこれらに対して住所変更の申請をしましょう。

 

 

次に、引越しの前日に行っておきたいことです。

 

・冷蔵庫や洗濯機の水抜き、掃除、近所に挨拶
冷蔵庫や洗濯機の水抜きというのは引越し業者が行ってくれるので必ず行わなければいけないことではありませんが、時間に余裕があるときにはやっておいても良いでしょう。

 

近所に挨拶をしに行くときですが、粗品を持っていきます。高級なものである必要はないので、日用品などで1000〜2000円の間のものが無難でしょう。

 

次に、引越しの当日に行っておきたいことです。

 

電気・水道・ガスについての閉栓だったり、料金の支払いだったり、家具や家電を運ぶときに床や壁を傷つけていないかの確認をしたりしましょう。

 

次に、引越しをした後に行っておきたいことです。

 

電気・ガス・水道についての開栓や市役所に転入届を提出、車を持っている方は運転免許証の住所変更などを行いましょう。