カサカサ肌ボディクリームランキング

乾燥による肌トラブルについて

 

冬は、特に乾燥が気になる季節です。肌がカサカサしてかゆみが出たり、多くの肌トラブルに悩む方も多いでしょう。冬の乾燥に一番影響を与えているのが、気温と湿度だと言います。

 

気温や湿度が大きく下がる11月から1月は、肌の水分が蒸散し乾燥が急激に進みます。東京の12月の平均湿度は、1905年に76%だったのが2011年には9%まで下がり、砂漠並みに乾燥している状態と言っても過言ではありません。

 

また、エアコンの普及など住環境の変化も湿度低下の原因です。暮らしの衛生環境が良くなり、皮膚の免疫力が低下したことや、入浴時に肌を洗いすぎる人が多くなったことがカサカサ肌になる要因と言えます。普段何気なく行っていることでも、冬の肌にとっては大きな負担となっているのです。

 

気温と湿度が低下する冬は、皮脂の分泌量や肌の水分量が減少するので、カサカサ肌や肌トラブルが起こりやすくなります。事実、12月から1月にかけて肌トラブルを訴える方が多いようです。

 

さらに顔だけでなく、指のあかぎれやかかとのひびも多いと言います。また冬は夏と異なり、見た目を元通りにしたいという気持ちが強く、女性ならではの悩みといえるかもしれません。肌を元からきれいに治すには、正しい治療やケアを日常的に行いましょう。

 

冬の乾燥した環境にさらされると、肌の修復力が弱まり肌トラブルを繰り返してしまいます。肌荒れやひび割れ、かゆみを繰り返さないためにも、保湿をすることはもちろん必要ですが、肌本来の修復力を取り戻すことも大切です。患部には症状に合った薬を塗布し、普段からできる乾燥対策を続けて肌細胞をどんどん元気にしてください。

 

乾燥を防ぐ食べ物と心掛け

 

 

寒くなってきたこの季節は、肌の乾燥やかゆみが気になります。冬は1年の中で最も湿度が低くなりますし、エアコンやストーブでさらにカラカラな状態です。日々の食事や生活に気を使い、カサカサにならないようしっかりと対策しましょう。肌のバリア機能を高めてくれる栄養素はたくさん存在するので、積極的に摂取しましょう。

 

ビタミンAは、皮膚や粘膜を保護して潤いを保ちます。にんじん・かぼちゃ・小松菜などに多く含まれています。ビタミンEは、血行を良くして肌の新陳代謝を高めます。いくら・うなぎ・ナッツ類などに多く含まれています。ビタミンB2は、細胞の再生を促し肌の健康を保ちます。レバー・卵・納豆などに多く含まれています。

 

ビタミンB6は、肌のビタミンとも呼ばれていて、不足すると様々な肌トラブルを引き起こします。鶏肉・カツオ・さばなどに多く含まれています。ビタミンCは、コラーゲンの生成に必要不可欠です。大根・ブロッコリー・いちごなどに多く含まれています。

 

エアコンを使用する際は、一緒に加湿器をつけたり、濡れタオルを室内に干したりしましょう。また、38℃くらいのお湯にゆっくり浸かり、入浴後は念入りに保湿をしてください。乾燥対策には、体の内側と外側、両方からのケアが効果的です。

 

栄養士も推奨する、カサカサ肌に効果的な食材をご紹介します。基礎化粧品としておすすめなのが、かぼちゃ・ブロッコリー・にんじんなどです。活性酸素や抗酸化物質を摂取し、さび止めをしましょう。

 

保湿におすすめなのが、やまいも・おくら・なめこなどです。これらのネバネバ成分には、保水力や皮膚の修復機能があり、繊維芽細胞を活性化します。

 

しわ防止におすすめなのが、山芋こんにゃくです。水分や油分を保つ働きがあり、不足すると様々な肌トラブルの原因となります。ハリ効果には、煮魚・手羽先・軟骨がおすすめです。肌に柔軟性を与え、不足するとたるみやしわの原因となります。これらの食材を、バランス良く摂るようにしましょう。

 

アロマを使った乾燥肌対策

 

冬は空気が乾燥している上に、暖房器具の使用や長時間の入浴で、お肌にとっては過酷な季節です。また、寒さからどうしても家の中にいることが増えるので、運動量や皮脂、汗の分泌量が減少し、肌が本来もっている保湿力も減ってしまいます。

 

そうするとターンオーバーが遅れがちになり、古い角質が肌の表面に残ったままなので、肌がひび割れたり粉をふいたりするかもしれません。肌の乾燥を放置すると痒みを伴ったり、しわやたるみ、くすみや毛穴の拡張にもつながります。

 

そうなる前に、適切なスキンケアを行い潤いと若さを保つことが大切です。冬の保湿ケアは、潤いを逃さないことを最優先にしてください。洗顔後、化粧水をたっぷり肌に浸透させ、さらに大きめのコットンやシートを使ってパックすると良いでしょう。次に、その水分を逃さないようにクリームや乳液で膜を作ってふたをします。

 

アボカドオイルやホホバオイルやシアバターが入手できればなお効果的です。精油を使用する場合は、クリームやオイル、あるいはバターにサンダルウッドやローズウッド、ゼラニウムなどの美肌効果が期待できる化粧品にブレンドして塗布しましょう。

 

目安としては、各10mlに対して精油1滴です。肌からほんのりと良い香りが漂い、自分はもちろん周りの人もアロマ効果を期待できます。ただ、注意してほしいのは、洗顔後やお風呂上りは急速に肌の水分が失われていくので、直ちにこれらのケアを行ってください。

 

http://www.souljaboyapp.com/

 

トレチノイン・ハイドロキノンと紫外線

 

トレチノイン・ハイドロキノンは紫外線に弱く保管方法も気を付けなければなりませんが、使用中のケアも大切です。トレチノイン・ハイドロキノンは肌の美白効果に効果を出す反面、肌を無防備にしてしまうので紫外線が当たるとかえってシミになってしまうのです。

 

せっかく美白ケアに励んでいてもこれでは身も蓋もありません。しっかりと理解したうえで使用しましょう。

 

紫外線防止方法には日焼け止め下地や日焼け止めパウダー・日焼け止めクリーム・日焼け止めパウダーなどよく知られている商品に加え、くすみなどいいサプリや飲み薬もあります。体の外側からのケアを一生懸命しても塗り残しなどどうしてもできてしまう人には、この飲み薬を一緒に使用することで効果も高くなります。

 

飲み薬の利点として

 

一般的には1日1錠でよいので朝など定期的に飲むといいです。またいくら外出の予定がなくても室内に入り込んでいる紫外線もありますので要注意です。

 

外出が長時間や強い紫外線を浴びるようでしたら朝服用した後に2,3時間後にもう一錠飲むようにしましょう。紫外線予防のし過ぎになるくらいがちょうどいいと思い対策と考えていきましょう。

 

ビールはどうして痛風に悪いといわれているの?

 

尿酸が体の中に溜まっていき、血液中に溶けることができなくなってしまった尿酸が結晶化されてしまったことによって発症してしまうのが、痛風といわれる病気です。この尿酸というのは、食べ物などに含まれているプリン体が代謝されることによって作られています。

 

ですから、普段から、食事などで多くのプリン体が含まれているような食べ物ばかりを食べてしまっていると、尿酸値も高くなってしまい、痛風の発症リスクも高くなってしまうのです。ですので、既に痛風になってしまっているのであれば、まず食事療法をする必要があるわけです。

 

多くのプリン体が含まれている食べ物として代表的なのは、明太子や白子、エビ、肉のレバー、カツオなどがあります。100gあたりにどれくらいのプリンタイが含まれてイルカというと、カツオは211.4mg、対象エビの場合で273.2mg、鳥のレバーが312.2mgとなっています。プリン体が多く含まれている食べ物は、痛風に対して悪影響を及ぼしてしまいます。

 

その痛風に悪いものとして、一番知られているのはビールでしょう。確かにビールというのは、痛風を発症しているのであれば、飲むべきではありません。普段からビールを飲んでいる人と、全くビールを飲まないという人では、2倍も発症リスクが違っているのです。

 

では、それだけビールには多くのプリン体が含まれているということなのでしょうか?ビールによって、含まれているプリン体の数というのは違っているのですが、平均すると100mlの中に7mg前後のプリン体が存在しています。食べ物と比べると、かなりプリン体の数は少ないように思えるでしょう。

 

ですが、ビールというのは、飲み会などになると大量に飲んでしまいやすいものです。それに、ビールは普段から飲んでいるという人もいるでしょうが、エビなどを毎日100gは食べているという人はほとんどいないかと思います。ですので、ビールを普段から飲んでいるほうが、体の中に取り込まれるプリン体も多くなりやすいわけです。

 

そのため、ビールが痛風を引き起こしてしまうというイメージが定着しているのです。それに、肝臓や腎臓というのは、体の外に尿酸を排出してくれる役割を担っていますが、ビールを飲んでしまっていると、肝臓も腎臓も働きが弱くなってしまいます。ですので、正常に尿酸を排出しにくくなってしまい、尿酸値が高くなってしまいやすくなるのです。

 

仕組みをわかってほうれい線ケア

 

ほうれい線の原因には、頬のたるみがあると言われています。たるんでいることが問題なのですから、普通にスキンケアをしているだけではあまり効果がないだろうことは容易に予想ができます。たるみが化粧品で治るのであれば、みんなリフトアップ肌になっているはずです。ほうれい線というのは、口元に浮かぶシワのように見えますが、たるみが原因ですから、いわゆるシワそのものとは少し違っています。

 

頬の肉がたるんでくることによって生じるほうれい線ですが老化が進んでくると、肌は弾力を失ってきます。肌のハリをキープするためのほうれい線 サプリなどで補給しない限り、コラーゲンやエラスチンの生産量が老化の影響で減るのが原因です。実は頬は顔の中でも脂肪の多い部分でもあり、肌が弾力を失うならすぐに垂れ下がってしまうのです。そのため、顔に脂肪が多い人はほうれい線も出やすくなります。

 

そして、脂肪や肌を支えているのは肌の弾力だけではなく、筋肉もそうです。表情を作るための筋肉は、実は顔のお肉を支える役割もしています。加齢により筋肉もゆるんでいくと、頬を支えられなくなってしまいます。無表情の人ほど表情筋が使われずに発達していませんから、そのためにほうれい線も生じやすいのです。

 

ただ、若いうちからほうれい線がある人おり、骨格や歯並びなども関係していると言われています。ほうれい線をケアする際には、上記のようなことを意識してケアしてみましょう。ただ何となくケアをするよりも、ずっと効果が出てくるはずです。

更新履歴